投稿日:2023年5月6日 更新日:

雨漏りの応急処置!簡単なものと危険なもの

こんにちは、誠磨工業株式会社です!
福岡県福岡市を中心に福岡県糸島市などの九州各地で、屋上防水・雨漏り防水などの防水工事を手掛けております。
梅雨の時期の大雨、雨漏りしていたらどんな対処を取りますか?
今回は、雨漏りしたときの応急処置についてご紹介いたします。

窓の周りから雨漏りしたときは?

雨漏り
天井から雨漏りしている場合は、バケツやブルーシートなどで雨水をキャッチするのはポピュラーな方法ですよね。
では天井ではなく、窓の周りから雨漏りしている場合はどうすればいいのでしょうか?
雑巾などの不要なタオルと、ビニールシートあるいはゴミ袋を用意しましょう。
カーテンは濡れるとカビが生えるので先に取り外します。
そして、濡れている部分に雑巾を置いて、雑巾で水を吸い取りましょう。
濡れている窓枠の下にビニールシートを敷くと雨水の広がりを抑えられます。
窓周りの濡れている部分に雑巾を置くだけなのでとても簡単です!

雨漏りの場所が分からないときは?

雨漏りの場所が特定できない場合や、屋根から雨漏りしている場合は、屋根の応急処置が可能です。
ただし、屋根の応急処置は転落の危険性があります。
建設業での死亡事故のうち、35%以上は転落事故です。
高所作業のプロでも転落することが多く、素人が行えばその確率はさらに高くなります。
また、体力や技術力も必要です。
そのため、よっぽどのことがない限り、屋根の応急処置は控えた方がいいでしょう。
それでも応急処置をしないといけない場合、以下の条件下で屋根の応急処置をしてください。
●雨が降っていない
●風が強くない
●屋根が濡れていない
●二人以上で作業する
●屋根の端を歩かない。
用意するものはブルーシートと土嚢袋です。
できるだけ広い範囲にブルーシートを被せて土嚢袋を置き、ブルーシートが風に飛ばされないように固定しましょう。
簡単に思えますが、命の危険と隣り合わせの作業だということを忘れないようにしてください。
屋根の雨漏り修理は専門業者に依頼することをおすすめします。

防水工事は誠磨工業株式会社にお任せください!

瓦屋根
バケツやブルーシートなどの応急処置は危険もなく簡単ですが、屋根などの高い場所での作業は大変危険です。
屋根からの雨漏りや、雨漏りしている場所が分からない場合などは専門の業者に依頼するようにしましょう。
雨漏りの原因は、外壁のひび割れです。
防水工事を10年以上行っていない場合、劣化している可能性も考えられますので、その場合はご連絡ください!
弊社は、防水工事の新規ご依頼を募集しております。
雨漏り防水、屋上防水などの防水工事のお悩み・ご相談がございましたらお問い合わせください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

福岡県福岡市の防水工事・シーリング工事は誠磨工業(株)
〒814-0171 福岡県福岡市早良区野芥8丁目36-5
TEL:092-707-5713 FAX:092-707-5385
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係の案内は禁止とする
弊社業務に関するご相談・ご依頼等は092-707-5713または090-2960-0441までお願いいたします。
サイトマップ

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

誠磨工業株式会社では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサ …

辛麺屋8倍に挑戦しました!

辛麺屋8倍に挑戦しました!

雨漏り修理のプロフェッショナル!誠磨工業株式会社です!

雨漏り修理のプロフェッショナル!誠磨工業…

誠磨工業株式会社では、九州エリアの福岡県福岡市を中心に、雨漏り修理をはじめとする防水工事のお問い合わ …

お問い合わせ 採用情報・協力会社さま募集