投稿日:2022年12月23日 更新日:

防水工事の工法〜ウレタン防水編〜

こんにちは!
福岡県福岡市や福岡県糸島市をはじめとし、防水工事を手掛ける誠磨工業株式会社です。
九州全域にて屋上防水や雨漏り防水などを承っており、マンションやビル、商業施設や学校、工場など規模の大きい防水工事を得意としております。
FRP防水やウレタン防水、シート防水などさまざまな防水工事が存在するものの、いまいち何がどう異なるのか分からない!という方も、結構いらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、ウレタン防水に焦点を当てて、ウレタン防水でよく採用されている工法についてご紹介いたします。
防水工事の違いを少しでも知っておきたい方は、ぜひご覧くださいね。

ウレタン防水はそもそもどんなもの?

はてなマークを浮かべる女性
ウレタン防水の工法をご紹介する前に、そもそもウレタン防水がどのようなものなのかをご説明いたしましょう。
ウレタン防水がどのようなものなのかを簡単にお伝えいたしますと、ウレタン自体はプラスチックの一種で、ウレタン防水では化学反応によって生成される樹脂を利用して防水層をつくっていきます。
一般的には、広い箇所での防水工事よりも戸建て住宅などのベランダなど、狭い箇所や少し複雑な形をした箇所の防水工事に適しているとされています。

ウレタン防水の主な工法

ウレタン防水の工法は、大きく分類すると密着工法と通気緩衝工法の二種類に分けられます。
まず密着工法では、ウレタン防水の樹脂材を下地に直接塗り、そこにメッシュ素材の補強材を貼って、更にウレタン樹脂材を一定の厚さになるまで塗り重ねて施工を進めていきます。
最後にトップコートを仕上げに塗るのですが、ここまでの作業が短期間で完了するので工事費用は抑えやすいです。
一方、通気緩衝工法では通気緩衝シートを下地部分に貼り付けて、その上からウレタンを塗って防水層をつくっていきます。
防水層と下地の間に通気緩衝シートを挟むことで、水蒸気による膨らみを防止できます。
この工法はビルなどの屋上やアパートの屋根部分によく採用されていますね。

誠磨工業はウレタン防水にも対応します!

電卓を持つスタッフ
今回は、ウレタン防水でよく採用されている工法についてご紹介いたしましたが、少しでもウレタン防水のことを知っていただけましたでしょうか。
弊社では、今回ご紹介したウレタン防水についてもご対応が可能ですので、防水工事をご検討中のマンション・ビルのオーナー様は、ぜひ一度お問い合わせをいただけますと幸いです。
ウレタン防水以外の施工が気になるといったお問い合わせも大歓迎ですし、弊社ではどのような防水工事にも柔軟にご対応いたします。
それでは最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

福岡県福岡市の防水工事・シーリング工事は誠磨工業(株)
〒814-0171 福岡県福岡市早良区野芥8丁目36-5
TEL:092-707-5713 FAX:092-707-5385
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係の案内は禁止とする
弊社業務に関するご相談・ご依頼等は092-707-5713または090-2960-0441までお願いいたします。
サイトマップ

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

某団地のトーチ工法けんじ君頑張ってます😄

某団地のトーチ工法けんじ君頑張ってます&…

雨漏り修理の豆知識をご紹介します!

雨漏り修理の豆知識をご紹介します!

こんにちは!誠磨工業株式会社です。 弊社は福岡県福岡市早良区を中心に防水工事を請け負っております。 …

防水工事施工スタッフ・協力会社さま募集中です!

防水工事施工スタッフ・協力会社さま募集中…

はじめまして!誠磨工業株式会社です。 弊社では福岡県福岡市早良区を中心に防水工事(ベランダ防水工事・ …

お問い合わせ 採用情報・協力会社さま募集