投稿日:2023年1月19日 更新日:

補修のタイミングはいつ?塩ビシート防水編

こんにちは!誠磨工業株式会社です。
福岡県福岡市や福岡県糸島市をはじめとし、九州全域にて屋上防水や雨漏り防水などの防水工事を手掛けております。
弊社では主に、マンションやビル、商業施設や学校、工場など規模の大きい防水工事を承っております。
何年か前に塩ビシートを使った防水工事を行っていたものの、そのまま何年も放置してしているという状況の方はいらっしゃいませんか?
今回は塩ビシート防水を行った後の、補修のタイミングについてお話しさせていただきます。
ご興味がございましたらぜひ最後までご覧くださいね。

塩ビシート防水の耐用年数を知ろう

虫眼鏡を持つ男性
どの防水工事を行うにしても、それぞれ耐用年数というものが存在します。
塩ビシート防水の場合は、15~20年が耐用年数だとされています。
ウレタン防水が5~7年、高い防水性を誇るFRP防水でも10~15年でメンテナンスが必要です。
それぞれの耐用年数を比べていただくと塩ビシート防水は、特に耐久性が高いことがお分かりいただけると思います。
とはいえこの耐用年数は、現場の環境であったり、直射日光の当たり具合によっても変化します。
どのような場所でもこの期間、問題なく維持できるとは限りません。

塩ビシート防水の補修タイミングについて

それでは塩ビシート防水の補修タイミングに関してですが、耐用年数を過ぎてしまった場合はもちろんのこと、過ぎていなくてもシートの破れや、防水層が浮き上がりがみられる場合には、補修を行うことをおすすめします。
また雨が降った後で水はけが悪い箇所がある際にも、補修が必要だと判断して良いでしょう。
補修が必要かご自身の判断だけでは難しい場合でしたら、防水工事の業者に相談をすることで現地調査を行うことで正確な判断が可能です!

補修タイミングにお悩みの方はご相談を

見積書と電卓
今回は、塩ビシート防水の補修タイミングが大体いつ頃になるのか、というお話しをさせていただきました。
もし前回の防水工事から10年以上経過しているということでしたら、補修工事を行うタイミングです。
弊社では、塩ビシート防水だけに限らず、ウレタン防水やアスファルト防水、FRP防水やシーリング工事のご要望も承っております!
防水工事のことでしたら何でもお問い合わせくださいね!
一級防水施工技能士の資格を持つベテランのスタッフたちが、建物を今後も守っていけるような防水工事をご提案させていただきます。
それでは最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

福岡県福岡市の防水工事・シーリング工事は誠磨工業(株)
〒814-0171 福岡県福岡市早良区野芥8丁目36-5
TEL:092-707-5713 FAX:092-707-5385
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係の案内は禁止とする
弊社業務に関するご相談・ご依頼等は092-707-5713または090-2960-0441までお願いいたします。

この記事を書いた人

カテゴリー

お問い合わせ 採用情報・協力会社さま募集