投稿日:2023年4月6日 更新日:

塗膜防水工事はどんな種類がある?

こんにちは!
福岡県福岡市に事務所を構え、福岡県糸島市や九州地方全域で屋上防水・雨漏り防水などの工事を承っております、誠磨工業株式会社です。
塗膜防水工事は「ウレタン防水」と「FRP防水」の2種類に分類されます。
今回はウレタン防水とFRP防水について解説しますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

ウレタン塗膜防水

ペンキ
液体状のウレタン樹脂を塗布して、化学反応を起こし防水塗膜を形成する工法です。
リフォーム時に使われるのが主流で、ベランダ、陸屋根などに使用されます。
施工費用の目安は、一平米あたり2,500円~7,000円ほどです。
「FRP防水に比べてコストが安い」
「複雑な形状にも使用可能」
「継ぎ目がない均一な仕上がり」
「軽量で建物への負担が少ない」
といったメリットがある反面、長工期・臭気がある・均一な塗膜を作るのが難しい、といったデメリットもあります。

FRP防水

「繊維強化樹脂(FRP)」を使用して塗膜を形成する工法です。
FRPとは繊維と合成樹脂を複合し、耐久性を高めた合成樹脂のことで、さまざまな種類があります。
その中でも「ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)」は比較的安価で最も広く普及しており、曲げても割れにくい、歩行などに対して強いのが特徴です。
「強度・軽さ・耐水性・耐熱性・耐久性に優れる」
「均一な厚みで施工可能」
「速乾性なので工期が短い」
といったメリットが挙げられます。
施工費用の目安は、一平米あたり4,000円~7,000円ほどで、ウレタン防水よりもコストは高いです。
その他にも、以下のようなデメリットもあります。
●臭気が強烈でクレームがくる場合もある
●外気温に左右されやすい
●使用箇所が限られる

防水工事は誠磨工業株式会社にお任せください!

見積書と電卓とヘルメット
いかがでしたでしょうか?
ウレタン防水とFRP防水のメリットとデメリットをよく確認し、ご自身の生活環境や住宅環境を考えて選びましょう。
弊社は、防水工事の新規ご依頼を募集しております。
屋上やベランダなどで、シート接合部の破断や剥がれ、膨れ・めくれ・目地部分の浮きなどが見られることはありませんか?
それらはすぐに防水工事をした方がいい、緊急性の高い症状です。
建物の劣化に繋がりますので、すぐに専門業者に連絡しましょう!
雨漏り防水、屋上防水などの防水工事のお悩み・ご相談がございましたらお問い合わせください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

福岡県福岡市の防水工事・シーリング工事は誠磨工業(株)
〒814-0171 福岡県福岡市早良区野芥8丁目36-5
TEL:092-707-5713 FAX:092-707-5385
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係の案内は禁止とする
弊社業務に関するご相談・ご依頼等は092-707-5713または090-2960-0441までお願いいたします。
サイトマップ

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

雨漏り防水工事の必要性について

雨漏り防水工事の必要性について

雨漏りは、建物の寿命を縮めるだけでなく、住環境や健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。 雨漏りが起 …

辛麺屋8倍に挑戦しました!

辛麺屋8倍に挑戦しました!

ビルの外壁修繕工事もお任せください!

ビルの外壁修繕工事もお任せください!

こんにちは! 福岡県福岡市を拠点に、防水工事やシーリング工事、改修工事を手掛ける、誠磨工業株式会社で …

お問い合わせ 採用情報・協力会社さま募集