投稿日:2023年6月11日 更新日:

放置は危険!雨漏りの二次被害!

こんにちは!
福岡県福岡市を中心に、福岡県糸島市などの九州エリアで防水工事を手掛けております、誠磨工業株式会社です。
雨漏りを放置していると恐ろしい二次被害を引き起こします!
「ちょっとしか漏れていないから大丈夫」と思うかもしれませんが、安全にも関わることなので見つけたらすぐに業者に連絡をしましょう!
今回は雨漏りを放置したときの二次被害についてご紹介いたします。

木材腐朽菌が繁殖する

茶色い家
木材腐朽菌とは木材を腐らせる菌のことです。
この菌の発生には、湿度85%以上・木材含水率25%以上などの条件があります。
セルロースやリグニンといった木材の成分を分解するため、木の強度が下がってしまいます。
また鉄骨や鉄筋コンクリートはサビによって強度が低下するのです。
雨漏りを放置すると木材腐朽菌が繁殖し、家の強度が低下して天井が抜け落ちたり、家が傾いたり、酷いと倒壊する恐れもあります。
資産価値も著しく低下するため、雨漏りの放置はデメリットしかありません。
雨漏りを見つけた、雨漏りの疑いがある場合が業者に連絡しましょう。

カビによる健康被害

雨漏りを放置しているとカビが発生します。
人体に悪影響を及ぼすカビはカビ毒と呼ばれ、咳や頭痛、呼吸困難などを引き起こしたり、アレルギー感染症になる危険性もあるのです。
カビが原因の病気には「気管支喘息」「アレルギー性鼻炎」「過敏性肺炎」などもあり、放置は非常に危険です。
ちょっとの雨漏りでも、見つけたら早期対策が必要になるでしょう。

防水工事は誠磨工業株式会社にお任せください!

見積書と電卓
雨漏りの放置は紹介した健康被害や家の強度低下以外にも、シロアリなどの害虫被害が同時進行することもあります。
病原菌を持ったネズミなども侵入する隙間を与えてしまうため、雨漏りを見つけたらすぐに業者に連絡しましょう。
弊社は、防水工事の新規ご依頼を募集しており、雨漏り修理や補修も対応可能です。
雨漏り防水、屋上防水などの防水工事のお悩み・ご相談がございましたらお問い合わせください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

福岡県福岡市の防水工事・シーリング工事は誠磨工業(株)
〒814-0171 福岡県福岡市早良区野芥8丁目36-5
TEL:092-707-5713 FAX:092-707-5385
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係の案内は禁止とする
弊社業務に関するご相談・ご依頼等は092-707-5713または090-2960-0441までお願いいたします。
サイトマップ

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

バルコニー ウレタン防水 長尺シート施工

バルコニー ウレタン防水 長尺シート施工

バルコニー ウレタン防水 長尺シート施工 今回は下地に問題があったため、下地の補修・補強から作業を始 …

地元の施工業者に直接依頼するメリットについて

地元の施工業者に直接依頼するメリットにつ…

読者の中には、防水工事をご検討中の方もいると思います。 そこで今回は、「地元の施工業者に直接依頼する …

和菓子とハンドメイドのお店ラウレアのいちごクリーム大福&桜だんご

和菓子とハンドメイドのお店ラウレアのいち…

あなたも「街の小さな和菓子屋さん」に立ち寄ってみませんか? 今回は、弊社の経営する街の小さな和菓子屋 …

お問い合わせ 採用情報・協力会社さま募集